せいかつのーと

せいかつのーと

やってわかった!生活の知恵まとめサイト

ブログの商品レビューアフィリエイトで月7万円を稼ぐために必要な5つのポイント!

f:id:nakagawatakashikun:20170115105826j:plain

 

僕のブログでは、Amazonの収益だけで月に7万円は必ず超えます。

 

この7万円は、僕のブログから毎日のように安定して売れる商品の売上げによって達成されています。

 

ブロガーとして、ある程度稼げるようになると分かりますが、稼いだお金の中から確定申告によって税金を納める必要が出たとき、「商品レビュー」という形で、買った商品を経費にしようと考え始めます。

ブログやYouTubeでやたらと商品レビューが多いのは、買った商品を経費にしたいという思いが、ひとつの理由だと思います。

 

僕も数々の商品レビュー記事を書いてきましたが、やはり「成功記事」と「失敗記事」の両極端に分かれます。なぜ、収益に違いが出るのかを考えた結果、5つのポイントがあることに気付きました。

 

その5つのポイントを解説します。

 

1.商品レビューは「商品を紹介」でなく、「読者の求めていることの解決策」を紹介する

ブログの読者は、「○○をやりたい」と思ってGoogleを検索して、検索にヒットしたあなたのブログにやってきます。当然、読者は「○○をやりたい」が満たされることを期待して、あなたのブログを読み始めます。

 

この時、読者があなたの記事に期待することは、こんなことだと思います。

  • 「○○がやりたい」の答えが分かる
  • 記事を長々と読まなくても答えが分かる
  • 通販サイトの商品説明より詳しい情報が分かる
  • 「○○をやりたい」を満たすのに、分からない言葉が理解できたり、必要な手順が分かる

 

例えば、布団乾燥機を欲しいと思う読者が居ます。

まず、その読者は、なぜ布団乾燥機が欲しいと思ったのか考えましょう。「布団乾燥機が欲しい」と思うところへ行き着く前に、「○○をしたいから布団乾燥機が欲しい」があったのではないでしょうか。

 

「○○をしたいから」の「○○」が目的です。布団乾燥機が欲しいと考える目的は、具体的に挙げると、こんなことが考えられます。

  • あまり布団が干せないので布団乾燥機で代用したい。
  • 布団のダニを退治したい。
  • 冬場の布団は冷たいので、寝る前に布団を温めたい。

僕が持っている布団乾燥機は、この目的をすべて満たしてくれる商品なので、当然、記事には「ほら、できますよ!」を書きます。

 

ただ、本当に読者を思うなら、「この布団乾燥機で、あなたの求めることがすべて満たされます」だけでなく、「こういう解決策で、あなたの求めることがすべて満たされます」を書きたいところです。

 

具体的に実例を挙げるなら、こんな感じです。

 

この布団乾燥機を使うと、毎日ふっかふかであたたかな布団に寝ることができます。そして、ダニの心配も軽減します。

ただ、ダニ退治は他にも良い方法があって、「ダニ捕りシート」を使えば、退治したダニを掃除機で吸わなくても、ダニを捕獲したシートを捨てるだけでおすすめです。

 

上の事例では、「布団乾燥機」以外に「ダニ捕りシート」も売上げに貢献する可能性を秘めていますが、読者に有益な情報であれば、例え我々の収益にならないような方法、それが商品を買わずとも解決きる方法であっても、解決策を紹介することがベターです。

 

 

まとめると、「商品を買ってから読者がやれること」を考えるのではなく、「読者がやりたいことの解決策を具体化してから、どの商品が解決策に最も使えるか」を考えると、より商品の売上げがアップします。

 

2.「収益の低いもの」を紹介する

我々ブロガーが収益を得るには、「売れること」が必須条件です。

 

そして、「たくさん売れること」は、「安い商品である」ことでもあります。

 

アフィリエイトを始めた頃、どうしても「これ収益いいから、この商品を紹介しよ」と考えがちです。ただ、おそらくそんな高額な商品が飛ぶように売れるわけでもないし、そもそもその商品を求める人の数が少ないと思います。

 

違和感を感じるかも知れませんが、月に7万円売り上げている僕ですら、1商品当たりの収益は、「6円」、「19円」、「265円」といったところです。それでも数が売れれば、7万円を稼ぎだすことはできます。それは、実績が物語っています。

 

 

まとめると、「売れるものは収益が低いもの」ということです。とにかく、売れるものを紹介することが、ブログアフィリエイトの大前提です。

 

 

3.実際に使ったものを紹介する

何かの商品をGoogleで検索するとき、それは「通販の商品紹介より具体的なことが知りたい」と感じたときではないでしょうか。

そして、具体的な商品説明より、実際に使ってみて読者が求める結果が写真入りで紹介されていれば、読者は満たされるはずです。

 

ジャパネットたかたのテレビCMを観て分かる通り、出演している人は、その商品を知り尽くしています。そして、実演で商品の良さが分かるので、CMを観た人からたくさんの注文を受けられるわけです。

 

読者が商品を見たとき、「自分がこの商品を使って、○○をする」場面を想像するでしょう。 この「自分がこの商品を使って、○○をする」が具体的に写真が動画で紹介されていれば、読者はその商品を欲しくなります。

 

なお、実際に自分が使ったことの無い商品であっても、自分が精通する趣味に関する商品で、より具体的な内容で商品を紹介できるのであれば、それなりの収益をあげることができます。

 

 

まとめると、実際に使って「商品の良さ」を知って紹介するブロガーは収益が上がります。逆に、その商品を使ったことが無くとも、その趣味に精通していて、そのメーカーが出している商品に、ある程度具体的にイメージできるのであれば、使ったことの無い商品でも自信持って紹介しましょう。

 

4.自分が「?」と思うのに、その商品を紹介しない

僕の実体験として、やりたいことが満たされない商品を買って後悔したのに、せっかく商品を買ったからという理由で、無理やり記事にしましたが、結果的に1年間、まったく売れずに記事を取り下げたことがあります。

 

自分が「?」と感じる商品は、記事に書いても「?」がそのまま読者に伝わるものだと、普段、ブログを執筆していて感じ取れます。

ましてや、自分が「?」と感じた商品を読者が買って後悔するのは、ブロガー自身の信頼性を損なうことになります。

 

 

まとめると、自分が「?」と感じたものをブログ記事で紹介すると、読者にも「?」が伝染します。そして結果的に、自分のブログ自体にも「?」が蔓延します。

 

5.「読者が求めていること」ができている根拠を示す

仕事でも何でも「根拠」が明確だと信用できます。

 

例えば、部屋が寒いので、安く寒さを凌げることを望む読者が居ます。

「安いもので防寒」であるなら、窓にプチプチを貼る方法があります。このとき、「窓にプチプチを貼った写真」だけでは、読者に効果が伝わりづらいですね。

  • プチプチを貼る前と後、温度計で室温の違いを写真で示す
  • 結露が出づらくなったところを前後の写真で示す

 

商品紹介には、デメリットも紹介しましょう。それによって商品が売れないかも知れませんが、デメリットという真実を書くことは、「記事の信頼性をアップ」することにつながります。

 

プチプチを窓に貼ったときのデメリットなら、こんな感じでしょうか。

  • 貼ったテープの跡が、サッシや壁の汚れになる恐れがある
  • 決して、大きな断熱効果があるわけではない

 

まとめると、自分の利益が損なわれても、良い点、悪い点を正確、かつ誠実に読者へ伝えることが記事の高い信頼、そして、ブログの高い信頼につがります。その信頼は長い目で見て、大きなアフィリエイト収益につながることになります。

 

 

 

アフィリエイトで月7万円は「夢の話」ではない

5つのポイントを見て、みなさんはどのように感じたでしょうか。

 

僕が周りの人に「アフィリエイトやってるんだ」と言うと、「どーせ、儲からないでしょ」と言い返されます。もちろんそこで「いやいや!」と反論せず、「そんなんだよ〜」と、結構収益があることを誤摩化しますが、実際、自分の収益が無かった頃は、僕も「どーせ、儲からないでしょ」に同感でした。

 

アフィリエイトで儲けられないのは、今回紹介したポイントをキチンと抑えられていないからです。

そして、もう一つ言えるのは、「継続してアフィリエイトをやらないと儲からない」のです。

 

アフィリエイト」というのは、長期間やってみて、小さな失敗を改善しながら成功に導くものだということを覚えてください。

 

月に7万円は「夢の話」でなく、僕が実際に成果として出していることです。僕と同じように継続的に続けられるのなら、誰でも実現できます。